ウレシパモシリファンクラブ
MOVIEページボタン
GOODSページボタン
HISTORYページボタン
ウレシパモシリフェイスブックページ
ウレシパモシリ公式ブログ
トップページ > INTRODUCTION

宇宙劇『ウレシパモシリ』の紹介!ウレシパモシリとは、アイヌ語で育みあう大地!

宇宙劇『ウレシパモシリ』 
アンディー・ウォーホルから奨学金を受け、各国で美術作品を制作し、現在ミュージシャンとしても世界中を飛び回る 最高のアーティスト・AKIRAさんの音楽と、今は亡き日本を代表する作家・遠藤周作さんの「おバカさん」とを、 時空を超えて出会わせ音楽劇にした本作品。
2012年5月の初演で大好評を頂いたこの作品が、連日満員御礼でのライブハウス公演、ヨガスタジオ公演、
そして陸前高田市慈恩寺公演を経て、初の劇場公演で更なる進化を遂げます!
全28回公演を複数キャストにてお送りいたします。
皆様との出会いを楽しみにしております。

原作は遠藤周作の「おバカさん」 
<おバカさん (角川文庫)>
著者:遠藤周作
<遠藤周作>
狐狸庵先生などと称される愉快で小仙人的な世間一般の持つ印象とは異なり、 実物の遠藤周作は、おしゃれで痩身長躯すらりとした体つき(戦後間もない時代に176cm前後)の作家であり、 豪放磊落開放的な態度で一般とも接するのを常としていた。
宇宙劇『ウレシパモシリ』初演よりお客様の声。 
※これ程までにAKIRAさんの曲と作品をマッチさせるとは凄い!!内容もとても深く、感動しました。
※ふっと笑いを誘う演出もあり、重くなりがちなテーマを和らげている。笑いと涙で会場が、まるでマシュマロのようにふんわりした優しい空間になる。
※<Something great:偉大なる何か>がこの作品には確かに存在していた。
※心の琴線に触れ涙が溢れ出てきました。愛そのもの。ずっと触れて感じていたくて何度も観にいきました。

宇宙劇『ウレシパモシリ』作・演出:阿部義嗣

阿部義嗣
LINK ART 代表 阿部義嗣(あべ よしつぐ)
<出演>
東宝「レ・ミゼラブル」 アンジョルラス役
ミュージカル「テニスの王子様」 初代 河村隆役
ミュージカル座「ひめゆり」 檜山上等兵役
その他多数出演。

<演出>
宇宙劇「ウレシパモシリ」 作・演出
音楽劇「這い上がり」 演出・脚色
「FAME」 演出

<阿部義嗣 挨拶>
僕の大好きな遠藤周作さんの「おバカさん」
10年以上前からいつか舞台化したいと思っていました。そして、震災をきっかけに出会った一人のアーティストAKIRAさん。この人との出会いは僕の人生を変えました。僕はこの大好きな二人を時空を越えて出会わせたいと思いました。そして産まれたのが、この作品です。この作品が弱者の見方であり、希望となれたら幸いです。 最後に、この作品の第一稿が完成したのは、石巻のとある仮設住宅でした。部屋を貸してくださったTおばちゃんに多大なる感謝をお伝えします。多くのインスピレーションをそこで受けることができました。

ページトップボタン